特徴 「BASIC.StudyCamp」が選ばれる理由

大学生・社会人としての準備を万端に!AO・推薦入学者、内定者のための教育ツール

制限時間を設けることで本番さながらの環境で学習

入学前教育・入社前研修として実施することで、情報収集・理解・表現(プレゼン)等、大学生・社会人として必須となる8つの要素を修得。大学での学習、社会での業務への円滑な移行をサポートします。

また、時事問題への関心・理解を深めるためのNIE教材や、リメディアル教材としてもご利用いただけます。

詳細な学習データを取得・分析分析結果の報告書を提出

テスト結果をグラフで分析、苦手分野を一目瞭然に

スコア、所要時間、使用端末等の各種データを分析し、報告書をご提出。入学者・内定者の学習傾向の把握が可能です。
※ 各種団体(教育機関・企業)向け。ご利用人数が50名未満の場合は、有料オプション

また、これらのデータとお手持ちの学生・内定者データを比較・分析することで、学生の傾向(進学、留学、退学)、内定者の傾向(昇進、離職等)を確認いただけます。

学習の流れ さあ、はじめよう。

Step.1まずは学習前のアンケート回答で、「スキル」を自己評価

学習前のアンケートで各スキルに対する自己評価を行い、実際の成績と比較して「ステータス」に表示。ギャップを正しく認識することで、苦手分野を重点的に学習できます。また、 「ランキング」では自分の順位と得点に加えて、ランキング上位者の得点を確認。ゲーム感覚で学習意欲を刺激します。

あなたの実力は?
実力の「見える化」
BASIC.StudyCamp レベル判定テスト:非言語
学習前アンケート、中間アンケート、最終課題にて自己評価を行います。
BASIC.StudyCamp レベル判定テスト:一般常識
8カテゴリに分類されたレーダーチャートで、自己評価と正答率を重ねて表示。
自分の長所・短所が一目瞭然に!
BASIC.StudyCamp レーダーチャート
ランキングでモチベーションアップ!学習にゲーム感覚を追加します。(団体向け)

Step.2入門編では、現実的なシチュエーションを想定して演習!

4つのシチュエーション「自宅」「大学」「街」「レジャー」に分類して演習。「講義でディベートをする(大学)」「アルバイトをする(街)」等、現実的なシチュエーションにおける演習問題で、必要性を認識しながら学習を進めます。

リアルなシチュエーションで意欲的に演習!
現実的な演習問題
「書店でアルバイトをする」問題例(書く力)
「書店でアルバイトをする」問題例(書く力) :書店の客の話を聞き取り、要旨を把握して記述します。
「講義でディベートする」問題例(整理する力
「講義でディベートする」問題例(整理する力):発言を賛成意見と反対意見に分類します。

Step.3応用編では、8つのスキルを集中トレーニング!

各スキルのトレーニングを集中的に行います。その後、最終課題に臨み、本教材の学習成果を確認します。

各スキルを集中トレーニングで伸ばす!
制限時間内で解答
BASIC.StudyCamp 本番さながらの制限時間
「書く力」問題例 :①解説音声を聞き、要旨をメモします。
BASIC.StudyCamp 本番さながらの制限時間
「書く力」問題例 :②自分が入力したメモを手掛かりに、問に答えます。

問題のサンプル

  • 応用編「考える力」(論理的思考力)の中の「思考フレームワーク」の問題例です。
  • 「思考フレームワーク」では、ベン図やマトリクス、MECEの概念を習得します。
BASIC.StudyCamp 不正解時の解説
解答・解説
  • 復習する場合でも、多数ある同一スキルの問題の中からランダムで出題!
  • 演習に疲れたら、息抜き用のコンテンツ「Coffee Break」へ。
    好奇心を促す様々なトピックをご提供し、楽しみながら学習を継続できます。

Step.4成績をリアルタイムで管理・分析

管理画面では、進捗や問題毎の正答率等、詳細なデータをご確認いただけます。
アドバイスや、学習計画・研修計画の策定にお役立てください。
※ 個人でのご利用の場合は管理画面はご利用いただけません。

学習状況をリアルタイムで把握!
進捗度チェック

管理画面の「集計管理」より、受講者の「進捗」「正答数」「学習時間」「解答時間」等をご確認いただけます。

User’s Voice ユーザーの感想をご紹介します。

学生の声

  • 時事問題や一般常識では、つい最近ニュースにされていた事柄が多く出題されており、とても関心を持ち面白いと思いました。私は毎日ニュースを視聴していますが、聞いたことのない問題も出てきて、調べてみようと思うきっかけにもなりました。
  • 自分がどれだけ全体的に出来てないかがわかった。ステータスも自分が想像してたよりはるかに悪かった。この事を生かして、大学ではもっと頑張りたいと思います。
  • 全体を通して論理的に思考を働かせる必要のあるいい問題だったと思います。
  • 難しい問題もたくさんあって大変だった。わからなかったところを復習して理解しようと思う。
  • これは勉強というよりも社会を学ぶような方に近いと思います。大変ためになりました。

先生の声

  • 報告書が詳細で非常に良い。他社は、データのみで、報告書は自分達で作成しなければならないので手間がかかる。
  • 大学で必要な技能を学ぶことができる。聞く話すなどの問題は、大学でカバーできないので良い。
  • 大学生のプライドを傷つけずに、学び直しができる。なかなか、中学生のドリルを与えることができないので助かる。
  • 開始時期などを臨機応変に対応できる。
  • 問題数などの分量が丁度良い。また、大学の要望に応えてくれる。
  • 入学前だけではなく、入学後のリメディアル教育でも活用できる。
  • 料金システムも手ごろな価格。

FAQ よくあるご質問

どんなデバイスで使用できますか?その動作環境も教えてください。

PC・スマートフォン・タブレットのいずれでもご利用いただけます。

デバイスとOSブラウザ
ChromeFirefoxEdgeSafari
PCWindows 10
Mac OS Sierra以降
タブレット・スマートフォンWindows 10
Android 6.0以降
iPad、iPad Pro、iPad mini、
iPhone(iOS最新版)

PC

OSブラウザ
ChromeFirefoxEdgeSafari
Windows 10
Mac OS
Sierra以降

スマートフォン・タブレット

OSブラウザ
ChromeFirefoxEdgeSafari
Windows 10
Android
6.0以降
iPad、
iPad Pro、
iPad mini、
iPhone
(iOS最新版)

利用料金はいくらかかりますか?

団体でのご利用の場合、ご利用人数等によって価格は異なります。お問い合わせ・見積りのご依頼フォームに必要となります情報をご入力の上、お問い合わせください。個人でのご購入の場合の価格は、こちらからご確認いただけます。

「BASIC.StudyCamp」を申し込んでから、どれぐらいで利用できますか?

ご入金確認後すぐにご利用いただけます。

「BASIC.StudyCamp」を実際に体験してみたいのですが...

新規会員登録画面より会員登録いただいた後、体験版をお試しいただけます。

「BASIC.StudyCamp」は、いつ頃から利用するべきですか?

入学前教育・入社前研修でのご利用の場合は1月より、リメディアル教育としてのご利用の場合は4月からのご利用をお勧めします。

その他のご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

BASIC.StudyCampで、「学生・社会人の必須スキル」に関する悩み解決
「BASIC.StudyCamp」は、問題数に応じて下記のパッケージよりお選びいただけます。

パッケージ 問題数 利用月数(目安) 備考
Basic Camp1 160問 1~1.5ヶ月 各スキル20問
Basic Camp2 320問 2~2.5ヶ月 各スキル40問
Basic Camp3 480問 3~4ヶ月 各スキル60問
Prime Camp 1320問 6ヶ月 Basic Camp3にリメディアルを追加
※Prime Campは団体向けのパッケージです。
個人ではご利用いただけません。
その他 オリジナルパッケージの作成、リメディアルとして中学校レベルの5教科を追加したパッケージ、リメディアルの書籍による提供、高校までの各教科や読解力向上等の講座の別途実施も可能です。